Read Aloud Method

Japanese Lessons

Lesson 5-4: 走れメロス / Run, Melos!

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 5-4: 走はしれメロス / Run, Melos! Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 「私わたしは約束やくそくを守まもります。私わたしを3みっ日か間かんだけ自じ由ゆうにしてください。妹いもうとが私わたしを待まっています。代かわりに、セリヌンティウスという大切たいせつな友達ともだちをお城しろに置おいていきます。もし私わたしが帰かえって来こなかったら、私わたしの代かわりにセリヌンティウスを殺ころしてください。」王様おうさまは笑わらいました。嘘うそだ。メロスは帰かえって来こない。それなら、3みっ日か後ごにセリヌンティウスを殺ころしてしまおう。王様おうさまは言いいました。「わかった。セリヌンティウスを呼よびなさい。メロス、3みっ日か目めの夕方ゆうがたまでに帰かえって来きなさい。もし遅おくれたらセリヌンティウスを殺ころす。」友達ともだちのセリヌンティウスは、夜よる遅おくくにお城しろに呼よばれました。メロスは王様おうさまとの約束やくそくを説明せつめいしました。セリヌンティウスは何なにも言いいませんでした。メロスはお城しろを出でました。夏なつの夜よるの空そらには、たくさんの星ほしが光ひかっていました。 English Translation “I will keep my promise. Please let me free for just three days. My younger sister is waiting for me. Instead, […]

Japanese Lessons

Lesson 5-3: 走れメロス / Run, Melos!

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 5-3: 走はしれメロス / Run, Melos! Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script メロスは言いいました。「王様おうさまは人ひとを信しんじていません。人ひとを信しんじないことは、とても恥はずかしいことです。」王様おうさまは言いいました。「人ひとは口くちではきれいなことを言いうことができる。私わたしは人ひとの本当ほんとうの気持きもちがわかる。お前まえが私わたしに殺ころされるとき、泣ないて謝あやまっても許ゆるさないぞ。」「私わたしは怖こわくありません。王様おうさまが許ゆるしてくれると思おもっていません。しかし、私わたしに3みっ日か間かんだけ時じ間かんをもらえませんか?妹いもうとの結婚式けっこんしきをしたいのです。3みっ日か間かんのうちに、妹いもうとの結婚式けっこんしきをして、必かならず帰かえって来きます。」「嘘うそをつくな!」王様おうさまは低ひくい声こえで笑わらいました。「逃にげた鳥とりが帰かえって来くることはない。」「帰かえって来きます。」メロスは一いっ生しょう懸命けんめい言いいました。 English Translation Melos said, “You don’t trust people. Not to trust people is a very shameful thing.” The king said, “People can say […]

Japanese Lessons

Lesson 5-2: 走れメロス / Run, Melos!

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 5-2: 走はしれメロス / Run, Melos! Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 街まちの人ひとは小ちいさな声こえでメロスに答こたえました。「王様おうさまが人ひとを殺ころすからです。王様おうさまの子こ供どもや妹いもうとも殺ころされました。王様おうさまは人ひとを信しんじることができません。今日きょうは6ろく人にんが殺ころされました。」メロスはとても怒おこりました。メロスは怒おこって、王様おうさまの住すむお城しろへ向むかって行いきました。お城しろに入はいるとメロスはすぐに捕つかまってしまいました。メロスが小ちいさな刀かたなを持もっていたからです。王様おうさまはメロスに厳きびしく聞ききました。「なぜお城しろに来きたのだ?」メロスは答こたえました。「悪わるい王様おうさまから街まちを助たすけるためです。」王様おうさまは笑わらって言いいました。「お前まえに街まちを助たすけることができるのか?お前まえは私わたしの気持きもちがわからない。」 English Translation The person in the town replied to Melos with a small voice, “Because the king kills people. The children and younger […]

Japanese Lessons

Lesson 4-9: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-9: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script そして、化ばけ物ものは二人ふたりに話はなし始はじめました。「お客きゃくさん、用よう意いはもう終おわっているよ。こちらに来きなさい。」二人ふたりは怖こわくて、歩あるくことができません。大おおきな声こえで泣ないていました。化ばけ物ものは言いいます。「そんなに泣ないたら不味まずくなってしまうよ。俺おれはもうナイフとフォークを持もっているんだ。いつでも食たべられるよ。」二人ふたりは動うごくことができません。その時とき、急きゅうに大おおきな音おとがしました。あの逃にげた犬いぬが壁かべを壊こわして部屋へやに入はいってきたのです。犬いぬは二人ふたりの手てを取とって逃にげました。二人ふたりは泣なきながら犬いぬについていきました。そして、犬いぬは二人ふたりを近ちかくの街まちまで送おくっていきました。二人ふたりは泣ないて喜よろこびました。「ありがとう、ありがとう。」二人ふたりは犬いぬに何なん度ども言いいました。二人ふたりはやっと自じ分ぶんの家いえに帰かえることができました。しかし、それから二人ふたりの泣なき顔がおは二度にどと普ふ通つうの顔かおには戻もどりませんでした。 English Translation Then, the monster started talking to them. “Hi guests, the preparation is already done. Come on here.” […]

Japanese Lessons

Lesson 4-8: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-8: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 「注ちゅう文もんが多おおいというのは、レストランが私わたしたちに注ちゅう文もんをしているんだ。だから、このレストランは来きた人ひとにごはんを食たべさせないんだ。来きた人ひとをごはんにして食たべるんだ。…だから、私わたしたちが食たべられるということなんだ。」二人ふたりはとても怖こわくなりました。「逃にげよう。」「うん、そうしよう。」しかし、黄き色いろいドアを開あけることができません。代かわりに、二人ふたりは別べつのドアを見みつけました。そのドアにはこう書かいてあります。 “よくできました。遠慮えんりょなく入はいってください。” ドアの後うしろから大おおきな化ばけ物ものが二人ふたりを見みています。二人ふたりは泣なき始はじめてしまいました。すると、化ばけ物ものがこう言いいました。「だめだ。あの二人ふたりは体からだに塩しおをつけていない。書かき方かたを失敗しっぱいしたのかもしれない。日に本ほん語ごは難むずかしい。」 English Translation “Many orders means that the restaurant orders us. So, this restaurant won’t let people coming […]

Japanese Lessons

Lesson 4-7: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-7: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 二人ふたりは急いそいで耳みみに薬くすりをぬって、廊ろう下かを進すすみました。次つぎは黄き色いろのドアがありました。ドアにはこう書かいてあります。 “ごはんは15じゅうご分ふん後ごです。この水みずを飲のんで部屋へやに入はいってください。” 「やっとごはんが食たべられる。さあ水みずを飲のもう。」「この水みずは変へんだ。お酢すの味あじがするよ。」「たぶんレストランの人ひとが間ま違ちがえたんだよ。」二人ふたりはお酢すの味あじの水みずを飲のんで部屋へやに入はいりました。黄き色いろのドアの裏うらにはこう書かいてありました。 “注ちゅう文もんが多おおくてすみませんでした。これが最さい後ごの注ちゅう文もんです。塩しおを体からだにつけてください。” 二人ふたりはドアの横よこに塩しおがあるのを見みつけました。「これはやはり変へんだ。」「僕ぼくもそう思おもう。」 English Translation They applied the medicine to their ears in a hurry and went on […]

Japanese Lessons

Lesson 4-6: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-6: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 二人ふたりはメガネと財さい布ふを箱はこの中なかに入いれました。それから少すこし歩あるくと、赤あかいドアがありました。 “この薬くすりを顔かおや体からだにぬってください。“ 薬くすりがドアの前まえに置おいてありました。「どうして薬くすりをぬらないといけないんだ?」「うーん、わからない。けど、これで体からだもきれいにできるよ。」「そうだね。体からだもきれいにしておこう。」二人ふたりは薬くすりを体からだにぬってドアを開あけました。赤あかいドアの裏うらにはこう書かいてありました。 “薬くすりを耳みみにぬるのを忘わすれないでください。” 「おっと、薬くすりを耳みみにぬるのを忘わすれていた。このレストランの人ひとはとても細こまかいね。」「僕ぼくも耳みみにぬるのを忘わすれていた。しかし、ごはんはいつ食たべられるんだ?もうお腹なかが空すいているのに。」 English Translation They put their glasses and wallet into the box. Then, they walked a […]

Japanese Lessons

Lesson 4-5: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-5: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 二人ふたりは服ふくをきれいにした後あと、ドアを開あけて中なかに入はいりました。またドアの裏うらに何なにか書かいてありました。 “銃じゅうはここに置おいてください。” ドアの横よこに机つくえがありました。「なるほど。銃じゅうを持もってごはんを食たべるのは確たしかによくない。」「そうだね。他ほかのお客きゃくさんが驚おどろくかもしれない。」今こん度どは黒くろいドアがありました。 “帽ぼう子しと靴くつを脱ぬいでください。“ 「どうして脱ぬがないといけないんだ?」「わからないけど、脱ぬぎましょう。」二人ふたりは帽ぼう子しと靴くつを脱ぬいで、次つぎの部屋へやに入はいりました。黒くろいドアの裏うらにはこう書かいてありました。 “メガネと財さい布ふはこの箱はこに入いれてください。” ドアの横よこに箱はこが鍵かぎと一緒いっしょに置おいてありました。「こういうものはごはんと関係かんけいないけど、どうして?」「帰かえる時ときに、ここでお金かねを払はらうからだと思おもうよ。」「なるほど。」 English Translation After they cleaned their clothes, they opened the door and got […]

Japanese Lessons

Lesson 4-4: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-4: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 「山やまの中なかなのに、このレストランは人にん気きがあるみたいだ。」「そうみたいだ。ごはんを食たべるのが楽たのしみだ。」二人ふたりはそう言いって青あおいドアを開あけました。すると、青あおいドアの裏うらにはこう書かいてありました。 “注ちゅう文もんが多おおいですが、我が慢まんしてください。” 「これはどういう意味いみだ?」「このレストランは注ちゅう文もんが多おおいから、ごはんを作つくるのに時じ間かんがかかるということだよ。」「ああ、たぶんそうだ。早はやく暖あたたかい部屋へやに入はいりたいね。」 「うん、僕ぼくはいすに座すわりたいよ。」しかし、また別べつのドアがありました。ドアに鏡かがみがついています。 “服ふくや靴くつをきれいにしてください。” 「うん、服ふくをきれいにするのは大切たいせつだよね。」「そうだね。さあ、きれいにしよう。」 English Translation “Even though it’s in the mountain, it seems that this restaurant is […]

Japanese Lessons

Lesson 4-3: 注文の多い料理店 / The Restaurant That Has Many Orders

Japanese Graded Readers: Fairy Tales and Short Stories with Read-aloud Method Lesson 4-3: 注ちゅう文もんの多おおい料りょう理り店てん / The Restaurant That Has Many Orders Slow Speed Slow Speed with Pauses Natural Speed Natural Speed with Pauses   Japanese Script 二人ふたりはドアを開あけました。すると、ドアの裏うらにはこう書かいてありました。 “太ふとった人ひと、若わかい人ひとは、特とくに来きてくれてありがとう。” 二人ふたりはとても喜よろこびました。なぜなら二人ふたりとも若わかくて太ふとっていたからです。「いいレストランに来くることができて幸しあわせだ。」二人ふたりが廊ろう下かを歩あるいていくと、青あおいドアがありました。「変へんだね。どうしてこのレストランにはドアがたくさんあるんだ?」「ここが山やまの中なかだからだよ。寒さむい場ば所しょや山やまの中なかは、建物たてものにドアがたくさんあるんだ。」二人ふたりが青あおいドアを開あけようとすると、今こん度どはこう書かいてあるのを見みつけました。 “ここは注ちゅう文もんの多おおいレストランですが、よろしくお願ねがいします。” English Translation They opened the door. Then, what was written on the back of the door […]